快便と健康習慣

私は上の子供を妊娠中にひどい便秘になりました。理由は貧血予防に飲んだ鉄剤のせいでした。便が固くなって出そうとしても出ないので大変お腹が苦しかったのを覚えています。出産したら鉄剤も飲まなくなくていいと言われていたので便秘も解消されると思ったのですが、相変わらず便秘でした。

便が出ないとすごく気持ち悪いというか違和感があるので出ないときは浣腸のお世話にもなりましたが、やはり自然と便が毎朝出る状態が健康の証であると考える私は生活習慣を見直しました。野菜を中心とした献立に変えて、その中には必ず繊維のある食物を取り入れました。

繊維質の中でも便秘に効くのはさつまいもです。さつまいもをとると本当便が出やすくなります。それから便秘がひどいという人は習慣づけが大切です。朝便が出なくてもトイレの便座に座ってお腹に力を入れて便を出すのをイメージします。最初は出なくても習慣づけることで便が出るようになるので不思議です。

便を出しやすくする食べ物としてバナナや納豆などもとてもいいです。特に納豆は発酵食品で体にもいいですし便秘解消にも一役買ってくれるので毎日食べたい食品です。朝起きたらコップ1杯の水を飲むことも便を出しやすくするために効果的です。コップ1杯の水で腸が刺激されて腸が働き便をしたくなります。ただしお腹が弱い人は白湯にしてください。

あとは適度な運動です。腸を刺激する運動と言えば腹筋などがあります。お腹を時計周りに優しくマッサージするのもとてもいいです。マッサージすることで血行もよくなり腸が活発に動きます。便秘の人は腸の動きが悪い人が多いいです。腸の動きが悪いと便を出す力も弱いので便秘になります。食事や運動マッサージで便秘は少しずつ解消され、最後には快便へ導いてくれます。
乳酸菌革命 効果

はじめての引越しの際に参考になった心構え

仕事を始めて3年目のこと、いつまでも親の世話になるわけにもいくまいと家を出て引越しすることになりました。引っ越しをするに際して参考になったのは、とある友人の行動でした。 彼は私よりも1年先に実家を出ることになったのですが、家庭の事情もあり2度と戻らない状況になっていました。

放逸的なところもある人でしたが、戻れない事情を加味しての住まい探しとなると、すっかり慎重になってしまうのでした。 賃貸場所を探すにあったて土地のステータス、交通事情、住居そのもののグレード、周囲のロケーションを求めているのです。富裕層というよりアルバイトの身でしたから当然家賃にも余裕があるはずもありません。

土地のステータスが重要だから便利でも有名で無いところは駄目とか、風呂とトイレは別になっていなければ駄目とか条件は厳しくなるばかりといった具合でした。 実際不動産屋も正社員でないという点からか、どうも彼の希望する場所を紹介してくれないように見受けられました。分相応の場所に住めという無言のメッセージであったのかもしれません。

結局彼は賃貸マンションを借りることはありませんでした。彼の希望する住居では家賃が10万円近くになってしまうからです。毎月家賃として消費するよりもマンションを購入することを選んだわけです。 さて彼の行動がどう参考になったかといえば住居に対する考え方です。完全に満足いくということは終生暮らすことを意味しますから買ったほうが良いでしょう。

しかし僅かでもまた引っ越しをすることを考えるならば、家賃は捨て金と思うべきではないでしょうか。そう考えて私は暮らすには便利にして治安の悪く家賃の安い土地へと引っ越しをして行きました。

親元を離れて会社の寮に小さな引越しn

就職なんかで親元を離れて会社の寮やアパートへ単身引越しするような場合、 持っていく荷物のなかに洗濯機や冷蔵庫などの家電類がない場合も多いでしょう。 そして引越先が近県であれば、小さな引越しを専門にやっているところに お願いするのもいいかもしれません。

このようなところは軽トラックでやっているところが多く、 大きな荷物がない引越しには軽トラックでピッタリだろうと思います。 軽トラックというと荷台に屋根がないものを思い浮かべるかもしれませんが、 業者の軽トラックにはもちろん屋根がついてるので、雨の日でも大丈夫です。

屋根が付いているといっても、さまざまなタイプがあります。 荷台の上が幌で囲まれてるもの、 パネルで囲われてるもの、などいろいろあります。

軽トラックをレンタルしてマッサージチェアーを移動した

知り合いの上からマッサージチェアーをもらえることとなり、自家用車では大きすぎて、 軽トラックをレンタルしました。 家の近所のレンタカー会社があったので、電話して問い合わせたところ、軽トラックの取り扱いはあるものの、常に車があるわけではなく、近隣の営業所間で使いまわしているとのことで、事前に予約が必要といわれました。

軽トラックのレンタル料金は、通常のレンタカーとあまり変わらない金額で、特別高くはありませんでした。 また、通常のレンタカーと同様に、レンタル料金の他に、返却の際にはガソリンを満タンにして返却し、そのガソリン代は負担というものでした。

軽トラックなのでナビやオーディオなどの装備はなく、マニュアルの軽トラックしか用意されていませんでした。 事前にその説明はあり、免許は持っているので大丈夫でした。 あらかじめ地図を用意して持っていきました。

軽トラックの荷物を積む部分に使うように、ロープなどの器具は用意されていたので、それをお借りしました。 軽トラックの使用は初めてでしたが、乗る前にスタッフの方から一通り使い方を教えてもらい、荷物の固定の仕方も簡単にレクチャーしてもらったので、うまく使いこなすことができました。 一度積み込んだ荷物を家において、軽トラックをレンタカーの営業所に戻す必要があったので、時間は余裕を持って移動しました。 レンタカーの営業所に自分の車を置いておけたので、それに乗って帰宅しました。